転職のおすすめ情報&事例比較

仕事、転職、キャリアについての話題。おすすめの転職サイトや転職エージェントの比較等。

LINEで欠勤連絡する新人

f:id:afterseason:20180307212045p:plain

うちの新人…LINEで「休みます」

  

うちの会社は業務連絡でLINE利用は禁止。ただ、ちょっとした連絡に便利だから個別に使う時はある。

 

ある朝、新人君からのLINE

「熱があるので休みます」

 

私の心の声・・・

「あ~LINEで連絡しちゃうんだぁ」

 

うちの空気が読めない新人君・・・どうしたものか。教訓と思って既読スルーした。そのまま休んだから翌日説教。

 

では、LINEでなぜダメなのか考えよう!

① 仕事を休むことは結構大事な事。LINEで必ず伝わるのか?

② 仕事を休んで業務に支障はないの?それを伝えなく良いの?

③ そもそもなぜLINEを使う?楽だから?

 

正解は色々ですが、LINEで「今日休みます。始業前に改めて電話します」だったら良かったと思います。 

 

若い方!

ちょっと待て!その連絡・・・LINEで大丈夫?

お局様との日々のバトル

f:id:afterseason:20180306204754p:plain

お局様との日々のバトルはこんな感じ

 

 お局様とは社歴の長く、その職場にずーといる仕切りの女性の事かな?オフィスの事をよく知っているので助かる反面、非常に面倒な事が多い。

 

他の社員はお局様に良いようにやられてますが、私はちゃんと反撃します。うちのオフィスのお局様は自分しか出来ない仕事を増やし、オフィスでの存在感を出したがる傾向があります。

 

そこを逆手にとった反撃を日々心がけてます。時々やられてますが。立場上、私が上司でお局様は部下です。

 

事例1

お局:この仕事は私の仕事じゃない!

私:だったらやらなくて良いよ。あっちの部署の新人の子、イヤって言わないし。

お局:ちっ

 

事例2

お局:あの部署、いっつも片付けない。私ばっかりやってる。

私:じゃあ部署毎に当番制にしましょうか?私的にはみんながオフィスの仕組みが分かるのでそっちの方が助かります。マニュアル作って下さい。

お局:ブツブツ。

 

事例3

私:この処理ってこの書類書いたらいいんですよね?・・・・置いときますね。じゃあよろしくお願いします。

お局:この書類違う!こっち!

私:さっき聞いたでしょ?先に言ってよ!(イラッ)

お局:聞こえませ~んで~した~。

 

事例4

お局:コソコソ(隣の部署の部長、自分勝手だし、キライ)

私:(大きな声で)そうですよね。自分勝手ですよね。

お局:聞こえるじゃない!

私:(大きな声で)えっ!本心だったんですか?そんなん言ったらまずいですよ。

 

事例5

私:お局さんって若いですよね

お局:そう?♪

私:精神年齢何歳ですか?

お局:20代♪

私:見た目はあれですが、ノリだけ20代ですね・・・。

 

以上、しょうもない内容ですみませんでした。

「転職しようか~」の前の自己分析

f:id:afterseason:20180305201933p:plain

 

転職しようか?…の前の自己分析

 

今日の内容は結構適当に書いてます。突っ込みどころ満載かも。

 

今の会社に入社して10年以上経ったでしょうか・・・。それなりにポジションを築き、仕事を無難にこなすという視点では特に不満も苦労もしない環境になっています。ストレスは最近入った新人ぐらいで、その他は順調。

 

こう書くと、「このままで良くないか?」と見えるのですが、人生が充実してないってのがヤバいです。

 

こんな風になってくると、「転職もあり?」って思い始める自分がいます。今の環境の方が絶対に良いと思いつつも、緊張感を味わいたい自分もいるのです。今回は転職をするか?しないのか?自己分析の一例を紹介していきたいと思います。

 

 

今の会社の良いところ

・給料は悪くない
・関係部署との関係良好
・経営陣からの評価も悪くはない
・残業は2時間/日程度まで
・仕事は無難にこなせる。

 

今の会社の悪いところ

・会社の将来性が不安 
・仕事がまんねり
・刺激がない
・キャリアアップしようがない
・見本になる上司・先輩がいない
・上司からの無茶ぶりが多い。
・新人がいけてない

 

こんな感じでしょうか。
会社の将来性は、このご時世どんな大企業だってどうなるか分かりません。また転職先が将来性があるかどうかなんて入社してみないと分かりません。


その他は、上司の無茶ぶりがうっとおしいですが、適当にサラリーマンするならどうでも良い事ばかりのようです。こう書くとよく分かります。

 

「転職」する事で特定の不満は解消された気になりますが、「転職」によって、良好な勤務環境を全て失うリスクもあります。

 

 

今回のケースでは、

・上司の無茶ぶりは我慢。仕事だと思って諦める。
・新人には期待し過ぎない。
・アフター5を楽しむ
・休日を刺激的にする。
・社内に見本がいないなら、競合さんとの交流を増やして見本を作る。
  

という事を実践できれば、現在のモヤモヤは解消できるかもしれません。転職ってすごい刺激的なのですが、今の職場みたいに当分は好き放題出来ないっていうのは、ちょっとしんどいです。

 

 

自己分析の大切さ

今回は自分の事をダラダラ書きましたが、転職を考えはじめたら自己分析は必須です。「転職しようかな~」と思い始めると、仕事で上手くいかないと、「転職したい!」に変わっていくケースがあります。

 

そういった際には、このようにポイントを書き出し、本当に転職すべきかどうか?を自問する必要があります。

 

真剣に「転職したい!」と思うのならば、転職サイト、転職エージェントに登録するのも良いですが、気分が乗ってしまい転職する方向に一気にベクトルが向いてしまう可能性があります。

 

特に転職エージェントと面談すると、当日に応募できそうな案件を紹介してきますので、転職が一気に現実的になります。

 

転職を考えたら、転職サイト、転職エージェントを利用して情報収集するのは構いませんが、転職させられてはいけません。そこは注意が必要!

 

他に、転職サイト・エージェントの比較サイトには、転職させようとする内容が非常に多いです。それによって広告収入を得ているから仕方がない事ですが、あなたの人生(転職)が運営者の利益のために被害にあってはいけません。情報を参考にするのは構いませんが、そういった背景も理解した上で上手に利用しましょう。

 

比較サイトの信憑性については↓を参考に。

afterseason.hatenablog.com

 

就職説明会でどんな話をしよう?

f:id:afterseason:20180304214717p:plain

 

 

学生への就職説明会の舞台裏

 

このシーズンは大学生の就職シーズンという事もあり、本社より説明会でしゃべってくれと依頼されます。正直かなり面倒なのですが、毎年の恒例行事になってきました。

 

人事:
○○さん。就職説明会で話して下さい。

私 :
部下にやらせていいんでしょ?

人事:
ダメです。管理職がやって下さい。

私 :
げっ!断れます? 

人事:
ダメです。

私 :
プレゼン資料ってあるんですか?

人事:
ありません。自分で作って、事前に送ってください。

  

これが初年度の話で、これが継続されてます。最近は・・・

 

私 :

募集してるのほとんど技術・研究職じゃないですか?営業の私がやるのおかしくないですか?人事がやっても同じですよ?

人事:
営業視点で技術・研究職の説明をして下さい。

私 :
人事視点でやれば?

人事:
会社案内ぐらいしか知りません

私 :
おいおい(笑)

 

という事で、今年もやらされます。

 

通常業務に加えて、説明会のために準備して、社内承認をとって、練習して・・・といった感じです。

 

私も学生の頃に参加した就職説明会ではなんとなく聞いてましたが、これって指名される社員さん大変ですよね・・・と今になって思います。

  

 

就職説明会での学歴フィルター

  

話題になった”説明会での学歴フィルター”うちのところもやってました。

 

私 :
何で参加者はこんな高学歴ばかりなん?操作してるん?高学歴な学生さんは他の会社から内定もらって辞退されるから、幅広く募集しようよ。

人事:

こうしないとすぐにいっぱいになります。来て欲しい学生が申し込めないんですよ。何回も説明会してもらって大丈夫ですか?

私 :

勘弁して。

 

こういう経緯も聞いてるので私は学歴フィルターの存続希望。

afterseason.hatenablog.com

  

 

就職説明会で話す内容

 

私のプレゼンでは・・・

業界内でのポジション、得意先からどのように思われているか?同業者からどのように思われているか?営業と開発との関わり合いは?といった感じで紹介しています。

 

また、人事から学生へのプレゼン内容って結局は現場を知らない適当な話ばかりなので、私の方では現場しか分からないような内容をお伝えする事を意識しています。会社の悪口も平気で言います。後からチクチク言われます。

 

ちなみに、私は時々転職予備軍です。4月頃はムズムズしてくる。こんな社員が学生に対して会社説明するのも何だかな~?と思いますが、学生の皆さんを見ると、昔の気持ちが蘇りちょっと元気を分けてもらえる気がします。就職説明会はかなり面倒ですが、この点は人事に感謝です。

 

という事で、就活シーズンに便乗して、新卒ネタ連発の今日この頃ですが、ブクマで「会社のこんな情報あったら嬉しい」とか言ってくれれば、どこかの学生さんに反映致します(もちろん私も喜びます)。