転職のおすすめ情報&事例比較

仕事、転職、キャリアについての話題。おすすめの転職サイトや転職エージェントの比較等。

アフィリエイトで儲かったら税務署から電話があった話

アフィリエイトで儲かると税務署から電話がかかってきます。500万円~1,000万円の収益が3年ぐらい続いた頃でしょうか。申告しないといけないのかな?でもよく分からないし~って事で、何もしてなかったので、当然ですよね。

 

だいたい次のような事を言われます(電話)。

 

税務署

○○さん、会社のお給料以外に収入ありますよね?

 

あ~ちょっとあるかもしれませんが、あまり管理してないのでよく分かってません。

 

税務署

結構な金額が申告されてないので、正しい収入を申告して頂く必要があります。

 

のような事を言われ・・・自宅まで来るという話になりました。

 

ここに来て、これって「やばくね?」ってやっと気づいた私はバカなのか。アホなのか。

 

ただ、ここからの対応は85点。

 

まずは税理士を探しました。

事情を説明し契約

税理士から税務署に連絡してもらう。

申告してなかった事は素直認める一方で、それまでにかかった経費を差し引いた収益を基準とした税金の支払いとなった。

当時、税務署もアフィリエイトによる収入発生の仕組みがよく分からないという事で担当の人に色々と教えてあげた(犠牲者を増やしたかも・・・)。

 

税理士に相談してなかったと思うと、ぞーっとします。申請したほぼ全ての経費を認めてもらえた事は大きかったです。

 

ちなみに、別の市に引っ越したら、そこの管轄の税務署からも連絡があった。ポストにお手紙入ってた。

 

後日、銀行通帳とか、資料一式を持参して税務署を訪問。この時はちゃんと管理してたので、追加のお支払いはなしで解放されました。

 

みなさん、アフィリエイトで収益が発生したら、しっかり申告しましょう。

転職サイトや転職エージェントの口コミって信じていいの?

f:id:afterseason:20180524010543p:plain

 

 

 転職サイト・転職エージェントのの口コミって本当?

 

 

私の運営している転職サイトの比較サイトでも口コミを掲載しています。その口コミの収集方法は以下の通りです。

 

①閲覧制限を設けているサイトのパスワード発行の条件を口コミ投稿とする。

②転職サイト・転職エージェント利用者に有償で書いてもらう。

③閲覧者からの投稿

 

明らかに偽造と思われる内容は除外する事はできますが、完全に見破る事は不可能です。

 

①は他のところからの盗用かどうかの確認は必要ですが、概ね真実が多いと思われる。

②は創作である可能性は否定できない。

③愚痴に近い悪意のある口コミが多い。リアリティがあるので真実も含まれると思われる。

 

 ①で口コミを集めている比較サイトはあまり見ませんが、②、③は一般的だと思います。こうやって集めた口コミを全て掲載しているか?となりますが、そうはなりません。

 

③の明らかに愚痴のような口コミは、投稿者の一方的な言い分だけで掲載するのは、ちょっとどうかと思う。何かしら事情があるのではないか・・・と疑ってしまうわけです。

 

例えば、○○は悪かったが、××は良かったのような口コミだと客観的な評価している事が分かるので、安心して掲載出来ます。

 

口コミ掲載ってお手軽なコンテンツですが、それなりに気を使います。

 

 

口コミは信じていいの?

 

私が何かのサービスを利用する際、口コミはあまり信じません。比較サイトでGOOGLEで上位表示されているサイトが、無償でサービスを宣伝する事ってある?と思うわけです。

 

自分で転職関連の比較サイトを運営していると、報酬の高い広告はすぐ分かります。キャンペーンなど始まって単価が上がると、複数のサイトではランキングが急上昇します。

 

そして、アフィリエイト広告が中止になったりすると、今まで1位とか2位のサービスでもランキング圏外になります。

 

本当に信頼できる比較サイトもありますが、大半の比較サイトはこんな感じの運営がされています。

 

よって、口コミはWEB管理者によって、コントロールされているものと見ておく方が無難です。

 

サービスの特徴まとめ等は、真実が書かれていますので、そういった情報を重視して利用するかどうか?を決定するのが良いと思います。

 

アフィリエイトサイトは悪なのか?

 

印象操作して誘導するのは悪だと思います。でも、企業が広告費用を支払って広告をしてもらうのって普通の事なので、それを否定するのはおかしい。

 

比較サイトを利用する方も、こういった背景がある事を理解して、騙されないように有効利用しましょう。

 

転職エージェントの比較表(ひと目で分かるシリーズ)

久しぶりの更新になりました。

 

理由は、plalaから独自ドメインにして、ワードプレスにしたら2ヶ月かかったから・・・。検索順位は順調に下降中です。いやぁ~副業で良かった。

 

Hatenaの方を更新を全くしてなかったので、更新ついでに移転作業中に作成した画像ファイルを貼っておきます。参考にして下さい。

 

↓がリンク元ですので、詳細を見たい方は是非お立ち寄り下さい。

job-season.com

 

主要転職エージェントの特徴を比較

 

 

名物?の転職エージェントの早見表です。

 

f:id:afterseason:20180508001559p:plain

 

こちらは各転職エージェントの登録拠点の分布図です。抜けがあったらすみません。

f:id:afterseason:20180511000001p:plain

 

 

最期に、偏見の塊ですが、各転職エージェントの得意そうな職種を比較してみました。求人検索やWEBサイトでどれぐらい目立つか?といった視点での評価です。

 

f:id:afterseason:20180511000410p:plain

他にも色々作成しましたが、役立ちそうな3つを紹介させて頂きました。

 

それにしても、plalaには10年以上お世話になりました。ありがとうplala・・・サヨナラplala・・・。 

LINEで欠勤連絡する新人

f:id:afterseason:20180307212045p:plain

うちの新人…LINEで「休みます」

  

うちの会社は業務連絡でLINE利用は禁止。ただ、ちょっとした連絡に便利だから個別に使う時はある。

 

ある朝、新人君からのLINE

「熱があるので休みます」

 

私の心の声・・・

「あ~LINEで連絡しちゃうんだぁ」

 

うちの空気が読めない新人君・・・どうしたものか。教訓と思って既読スルーした。そのまま休んだから翌日説教。

 

では、LINEでなぜダメなのか考えよう!

① 仕事を休むことは結構大事な事。LINEで必ず伝わるのか?

② 仕事を休んで業務に支障はないの?それを伝えなく良いの?

③ そもそもなぜLINEを使う?楽だから?

 

正解は色々ですが、LINEで「今日休みます。始業前に改めて電話します」だったら良かったと思います。 

 

若い方!

ちょっと待て!その連絡・・・LINEで大丈夫?