転職のおすすめ情報&事例比較

仕事、転職、キャリアについての話題。おすすめの転職サイトや転職エージェントの比較等。

空気を読める人が出世する?能力さえあれば出世する?

 

f:id:afterseason:20180205191051p:plain

空気が読める=上司に気に入られて出世する?

よく、「あいつは上司に気にいられているから出世する」というセリフを聞きますよね。これって負け惜しみです。恥ずかしいのであまり言わないようにしましょう。

上司に気に入られるって立派な能力です。所詮、サラリーマンです。上司に気に入られる方法を考えて実践するしかありません。

 

 

空気が読める人は出世しているという現状

私の経験上、職場で空気を読める人、上手に溶け込んでいる人、こういった人はそれなりのポジションに就いていきます。

また、多少のミスをしてもそれほど怒られず、場合によっては周りがフォローします。”上司に気に入られている”=”職場でも認められる”という事なんでしょう。

 

 

能力がある人は出世できる?

それでは、能力がある人は空気を読まなくても出世できるのか?これはある意味YESだと思います。

能力があるという事は、上司にとってもありがたい存在です。当然、上司の評価も上がります。他者にない能力はやはり大切です。

能力がある人は空気を読まなくも許されます。周りがあなたに合わせて空気を読んでくれます。

つまり、能力がある時点で多少は空気を読まなくても出世できる可能性が高いって事ですよね。

 

 

空気が読めない人はどうすれば?

最近は、転職が一般的ですので、自分に合う職場を探せば良いと思います。ただ、空気も読まないし能力もない人が気持ちの良い職場なんてめったにありません。

上司が明らかにバカであれば転職も良いですが、そうでなければ、空気を読むと同時に、あなた自身の能力UPを目指す事!これが大事です!

 

能力がある人も空気を読みましょう。

最期にまとめておきましょう。

能力がある ⇒ 上司(同僚)に気に入られる ⇒ 出世する ⇒ 自分中心で仕事が回る  ⇒ グループの空気を読むと相乗効果が期待できる!

要するにどれだけ偉くなっても空気を読むことが大切って事ですね。自身の能力が高く出世した人も、空気を読むという事はすごい大事な事だと思います。