転職のおすすめ情報&事例比較

仕事、転職、キャリアについての話題。おすすめの転職サイトや転職エージェントの比較等。

転職を煽る記事・・・転職するなら今!

f:id:afterseason:20180224101635p:plain

 

 

大学生の就職率90%超え!転職するなら”今”が有利かも!?

数年前までは景気が悪く、真面目に就職活動をしていてもなかなか内定がもらえずにこんなはずじゃなかった…と思いながら就職活動をした経験を持つ方も多いのでは?2000年前後の就職氷河期世代、2010年前後のリーマンショック世代のあなた。2017年はその時代とは大きく変わって、何と大学生の就職率が90%超えになりました。

 

この数字を見て今の学生を羨むだけになれば、景気の悪かった当時と自分の状況は変わりません。就職活動をするのに有利なのは新卒の学生だけでなく転職をする社会人も同じなので、今の会社に不満があるなら思い切ってこのチャンスを活かしてみてください。転職するなら”今”がチャンス。

  

 

“今”が転職チャンスの理由とは?

 新卒だけでなく今が転職のチャンスにもなっている理由は、転職は更に求人数が多く内定を取りやすくなっているからなんです。

 

転職では新卒のように同じ条件を持った学生がライバルになるのではなく、色々なスキルを持った幅広い年齢層の人たちがライバルになります。

 

そのため、景気が悪い場合は人物重視の採用ではなくてスキル重視の採用になり、自分より高いスキルの人に負けてしまうのは仕方のないことだったりします…。

 

しかし、今は景気が良くて企業が採用に積極的な時なので、転職サイトに掲載されている企業数も増えて条件の良い企業も多く、応募者からの人気が1社に集中するといったこともないので比較的転職活動しやすいと言えます。もちろん、スキルが高い人はそれをアピールすることによって内定にグッと近付くこともできます。

 

景気の悪い時では採用人数も少ないので最後の1人に残ったとしてもそこで選ばれなければダメでしたが、今の状況なら複数の人を採用することも多いので倍率が下がっていることも嬉しいですよね。

 

 

転職者に有利な時だからこそ実績を積むより転職活動をしよう!

状況がかなり悪い時に新卒で就職活動をして、転職で企業にすぐに辞めると思われたら困る…と我慢してダラダラ条件の悪い会社に勤めてしまう人もいるでしょう。でも、今の転職のしやすさを考えればそれは間違いで、チャンスを逃していることにもなりますよ。

 

転職活動をして内定をとりやすいタイミングは、”求人は少ないけど実績を積めて自信がついた時”ではなく、”景気が良く求人数が多い時”です。

 

求人数が多いとそれだけ企業としても応募者が少なくなって良い人材を確保するのが難しくなるため、応募者が思っているほど前職での実績は重視されていないのです。

 

今やるべきことはあと少しだけ長く社歴を積むことよりも、転職活動をスタートすることです。この内定が取りやすい状況はいつまで続くかわからないので、早めに動くことが有利な状況で転職するためには大切です。

 

 

若いうちの転職がおすすめかも…

新卒でも転職でも、就職活動をして内定をもらって新しい会社で仕事をスタートするという意味では同じです。だからこそ、新卒の就職に有利な今なら転職でも有利だということが言えるのです。

 

逆に、いくらキャリアを積んでも大学生が就職しにくい時に転職活動をすれば、上手くいかずにずるずるとニートを続けることになってしまうかもしれません。転職活動では景気を見ることも大事ですが、今の大学生の就職率を見るのもとっても参考になりますよ。

 

特に、転職は年齢を制限している企業も多いので、できるだけ若い時に始めた方が応募できる企業の幅が広くなります。チャンスの今だからこそ、新卒の時には応募できなかった業界や職種にも積極的にチャレンジして、内定を勝ち取りましょう。

 

転職をしてやりたい仕事に就けばモチベーションも上がり、後であの時転職活動をして良かったと思えるはずです。