転職のおすすめ情報&事例比較

仕事、転職、キャリアについての話題。おすすめの転職サイトや転職エージェントの比較等。

学歴フィルター…当然あるよね

f:id:afterseason:20180303234345p:plain

 

学歴フィルターの話

出身大学によって説明会が参加出来たり、出来なかったりというニュースがあったのでちょっと便乗。

 

学歴について、フィルターがあって当たり前じゃないの?

 

ってのが率直な感想。

 

勉強してこなかった学生がこれに不満を言うのもおかしな話で

 

「だったらちゃんと勉強したら良かったのに。」

 

でおしまい。

 

勉強しなかった分、別の何かが身についている はずだから、それをPRしてマッチする企業に入社すれば良い。

 

で、難関大学の学生さんはそれなりに勉強してきたんだから、学歴という点で優遇されて当然 だと思う。勉強の時間で失ったものも多いはず。

 

フィルターをかけられた学生さんは、どっちみち説明会に参加しても通らないので、今のうちに分かって良かったと思う。時間の無駄だし、万一、入社できても学歴による篩い分けが待ってるでしょう。

 

今回の騒動をきっかけに、表向きだけでも説明会に参加させてしまうと、学生の時間だって無駄だし、企業の採用担当者の負担も大きくなる。「差別だ~っ」て騒ぎ立てるのは簡単だけど、ちょっと意味なくない?って思う。

 

学歴フィルターとちょっと似てますが、特に理系の場合、特定の研究室に所属しているだけで、就職先はほぼ保障されているケースが多々あります。

 

企業も即戦力として期待できるので、その研究室の教授とは懇意にしているし、教授にとっても、企業とのお付き合いが深まるのは色々と好ましい事もあるでしょう。

 

この研究室に入った学生さんは当然その実力があったんだろうし、企業絡みのお手伝いもすることがあるので、やっぱりそれだけ負担は大きい。就職が保障されているのは、「あり」だと思う。

 

でも、他の企業を見れずにその企業しか選ばないのは、その学生さんにとっては明らかにマイナス。色んな企業を見て回る事は、今後の社会人生活でも色々とプラスになる事もある。

 

ちょっと話がずれましたが、誰かが得をして、自分は損していると愚痴ってる余裕があれば、今の自分を最大限PRする努力、そして、自分を評価してくれる企業と出会う努力をする事が大切

 

相思相愛になれる事は簡単な事ではありませんが、今頑張らないと、いつ頑張るんだ!というぐらい大事な時期です。多少は無理してでもがんばりましょう。