転職のおすすめ情報&事例比較

仕事、転職、キャリアについての話題。おすすめの転職サイトや転職エージェントの比較等。

起業(独立)しちゃう?

f:id:afterseason:20180228004759p:plain

起業(独立)しちゃう?

 

 

サラリーマンをしていると、起業(独立)しようか?と思う事ありませんか?

 

特に営業系職種の場合、何年かの経験と人脈があれば、起業(独立)多分可能です。例えば、商社として起業(独立)するのなら、企業としては少ない収益でも、個人にとっては十分な収益となります。現在の仕事の一部を自分でできれば、それで生活する事は可能かもしれません。

 

ただ、そんなに甘くないのが現実だと思います。思いつく限り否定的な事を書きますので、それでも独立したい人は是非挑戦しましょう。

 

法人を作る必要があります(個人事業という手もありますが・・・)

 

税理士に頼めば簡単です。作るだけなら簡単。ただ、法人にするだけで7万円/年程度のの法人税がかかります。また、税理士に支払う費用も発生します(税理士を使わない手もありますが大変)。法人にする事で、数十万/年の費用は最低限必要となります。

 

 

安定的な収益を得るのは大変

 

仮に現在の給料が500万円だとしましょう。500万円の利益を得るには数千万円の売上が必要でしょう。起業したばっかりの個人(法人)と数千万円の取引を行うのって、取引相手からすれば結構なリスクです。また、1つの案件に頼った場合、その1つが傾いただけで致命的です。やはり、複数の取引先との取引は必要でしょう。

 

 

当面は1人で運営する場合

 

病気や怪我をしたらおしまいです。人に頼れないのはつらいです。上手くいっても喜びを分かち合う相手がいないのはおもしろくありません。

 

 

人を雇う場合

 

人を雇う=費用がかかります。それだけリスクUPです。

 

 

社会的信用

 

起業って格好良く聞こえますが、軌道に乗るまでは社会的な信用はほとんどありません。

 

こんな感じで起業って大変です。私がおすすめするのは、サラリーマンをしながらの起業(独立)です。土日を犠牲してやってみましょう。土日を犠牲にするのはイヤっていう人は多分起業(独立)しても失敗します。

 

サラリーマンとしての収入があれば、精神的にも安心できますし、多少のランニングコストもそれほど負担にならないでしょう。「サラリーマンしてたら時間がない」というところまで到達してから、本格的に起業(独立)してみれば良いと思います。