AfterSeason

転職のノウハウ、おすすめの転職サイトやエージェントの比較等

面接で完璧な自分を装わない方が良い時もある!

f:id:afterseason:20180224101634p:plain

転職で「完璧な自分」を装わなくて良い!?

 

 面接で自信を付ける一番の特効薬は、「完璧な面接ではないのに、選考に通った」という経験をすることなんだと思います。完璧な自分を装わなくても、分かる人は分かってくれる・・・という事。

 

面接では、何が評価されて選考に通るか分からない。面接は一期一会の出会いの場に過ぎない、ということを腹落ちして理解してもらうことなんですよね。

 

完璧ではないのに選考に通る、という経験に最初は混乱を覚えるかもしれません。しかし、本当の答えが「完璧な自分」を装うこと以外にあるんだと気付けたら、面接を突破する大きな心理的武器を手に入れたことになります。

 

もう1つ、大事な特効薬は、企業も転職者を選ぶ立場であると同時に、転職者である自分も企業を選ぶ立場なのだという点で、対等だという意識を持つことです。

 

そうした点で、企業訪問を研究や探求の場として捉えなおすと、おのずと質問や会話もはずむようになり、面接もこれまで以上にスムーズに行くようになるかもしれません。

 

この「はずむ」という感覚をつかむことが面接で完璧を装うより大事なポイントなのです。

 

面接の本質は、単なる質疑応答ではなく、面接官とのコミュニケーションです。面接官は試験官であると同時に、将来、一緒に働く同僚・上司であるケースが多いです。

 

したがって、面接で受け答えが完璧であるかどうかということが面接突破のキーポイントになるのではなく、面接のコミュニケーションを通じて、フィーリングが合う・合わない(もっといえば、一緒に働きやすいと感じるかどうか)といったポイントが、よほど重要なのです。

 

フィーリングが合う・合わないというのは、コントロールができないことです。だから、頭でっかちになって面接の質疑応答を準備するよりも、自然体でリラックスしてのぞむことに集中するほかないのです。

 

 転職で完璧な自分を装う事は、いわば劣等感の裏返し的な意味があります。でも、考えていただきたいのは、たとえ「完璧な自分」を面接で装え切ったとしても、それにどれほどの意味があるのか、ということです。

 

内定が取れたら、その会社での長い生活が始まります。その中でも完璧な自分を装えるのでしょうか?いつか破綻してしまいますよね?

 

転職活動で完璧な自分を装う事に、実はさほどの意味はないのです。転職面接で突破するうえで大事なキーポイントは、もっと別のところにある、ということに早く気付けたらマッチした企業と出会えるはずです。