転職では学齢なんか関係ない!キャリアのPRがおすすめ!

f:id:afterseason:20181108202205p:plain

 

なんとなく書いたブクマのコメント・・・。

f:id:afterseason:20181108194928j:plain

 

人のバズッた記事で人気コメントNo.1!というのも初めてなので、便乗してこの記事。

学歴なんて関係ない!キャリアが全てだぁ!

 をお届けします。言ってる事が違う?いえいえ視点を変えるとこうなります。

 

 

転職サイトを眺めていると、学歴不問という文字をよく見ますよね。果たして本当に学歴を気にせず応募していいものなのか、疑問に思ったことはありませんか? 採用現場の裏側において「学歴不問」がどの程度本当なのか、詳しく見ていきましょう。

 

企業の採用担当は、学歴よりも◯◯を見る?

学生時代の就職活動では、出身大学に左右されることが多かったのではないでしょうか。特に、人気の高い大手企業でその傾向は顕著だったように思います。

  • 有名大学じゃないと面接の日程が選べない
  • 早慶以上の人たちだけが招待される説明会がある 

といった噂も就活生の間ではかなり広まっていました。しかし、転職活動は就職活動とは違い、そこまで顕著な学歴社会ではありません。

もちろん、有名大学を出ていること自体がアドバンテージになることはあるかもしれませんが、本当に見られているのは「社会人経験」の部分。

これは学生時代の就職活動と大きく違う点だと思います。有名大学を出ていないから書類選考が通らない、面接にたどり着かない、ということはありませんのでご安心ください。 

一方で重要になってくる社会人経験の部分は、自分自身のこれまでの経歴を振り返り、志望企業にきちんと伝えなければなりません。 

今の職場でやってきた取り組み、苦労した経験をアピール材料にすることで、あなたより高学歴のライバルに勝つ可能性はいくらでもあります。

 

高い偏差値の大学を出ているだけでは逆に不利な場合も

例えば、食品業界上位のとあるメーカーのルート営業職に、以下の2人が応募をしてきたとします。 

Aさん
超一流大学を出ていて、超一流企業の総務部に勤めているが、現職でこれといった実績はなく、食品業界の知識は浅く営業の経験もあまりない、「今の仕事が自分に向いてない」と考え転職活動をはじめたAさん。

 

Bさん
地方のあまり知られていない大学を出ていて、現職は食品業界では中規模の企業で営業をしており、毎月着実に数値目標をクリア。「今までと同じ業界でもっと大きな仕事がしたい」とスキルアップのために転職活動をはじめたBさん。

 

経歴を見る限りではAさんの方が優秀ですが、あなたが採用担当だったら、どちらを採るでしょうか。

 「超一流大学を出ているのだから…」とAさんを選ぶでしょうか。求職者の中には、Aさんのように「今の仕事が自分に向いてないから違う業界に挑戦しよう」と考える人はたくさんいます。 

ここまではいいのですが、こと転職活動になると、時に高学歴は足かせになります。「あんな有名大学を出ているのに、業界知識はそれほどないなんて…」と、マイナスに捉えられてしまうこともあるのです。 

 

転職は「今の自分」に至るまでの経験と背景を語れれば勝てる

東大・京大などの超一流大学を出ていても、なかなか転職活動に終わりがみえてこない求職者もいれば、あまり聞いたことのない大学を出ていても、1ヶ月足らずで志望企業から内定をもらい、転職活動をさくっと終わらせる求職者等、色々です。 

学歴で勝てなくても、今いる会社が有名企業でなくても、志望企業にスマートに転職できることができた人たちにはある共通点があります。

それは、徹底した自己分析と、それを面接官に伝えるための下準備を怠らなかったことです。

  • あなたがなぜ今の会社、今の職種を選んだのか
  • 在職中にあなたが成し遂げたことについて
  • 在職中に苦労した経験とそれを乗り越えるために工夫したことについて
  • 携わってきた業務から身につけたスキル

 

最低限、これらについては数値を用いながら詳細に語れるよう用意しておきましょう。これまでの自分を振り返ることで、あなたの魅力について引き出すことができますし、なぜ転職するのか、なぜこの企業を志望するのかといった動機づけにもつながる重要項目です。

 

学生時代の事を聞かれるケースもあるよ

特に中小企業、ベンチャー企業の面接では、就職してからの社会人経験で苦労したこと、達成したことの他に、学生時代のサークルやゼミの活動について、なぜその学部を選んだのかについてなどもよく聞かれます。(中学、高校の部活までさかのぼって聞いてくる企業もあります。)

少人数で仕事を回している企業は、その人の経歴や肩書よりも人間性を重視した面接をおこない、会社との相性を見極めていると考えられます。

ここで無理に相手に合わせても転職してから苦しむことになりますので、人となりを問うてくる質問には正直に答えるようにしましょう。

 

自己分析は転職エージェントの利用が効果的

自分のこれまで歩んできた仕事の経歴について面接準備をする際は、転職エージェントにアドバイスをもらうことも有効です。

彼らは転職のプロですし、各企業の採用担当がどういった視点で求職者を評価するのか、どんな人物が内定を獲得できるのかについて知り尽くしています。

担当した求職者の転職を成功させることが彼らの使命ですので、あなたが頼りにすればするほど彼らも親身になって応えてくれます。

私がまとめたおすすめの転職エージェントは↓をご確認下さい。

afterseason.hatenablog.com

 

まとめ:学歴よりも大事なものは・・・

という事で、学歴は大事です。そりゃそうです。16年間勉強した結果です。本気で学歴なんか関係ない!って言ってる人は今まで遊んできて何もしてこなかった人の言い訳でしかありません。

勉強せずに遊んだ事で勉強した人よりも大きな事を成し遂げた人、何かを学んだ人、そんな方は「学歴なんて関係ない!」って言って下さい。勉強してたら達成できなかったんですから当然です。

それがあれば、上司なんか怖くない!転職なんて怖くない!会社なんて怖くない!はずです。