アクセス数を稼げるタイトルの決め方|”転職サイトおすすめ”系を見本に解説

f:id:afterseason:20181028222226p:plain

当サイトは、転職サイトや転職エージェント紹介、転職ノウハウの紹介しておりますが、最近はSEO関連ネタばかりになりつつある・・・。今日もそっち系です。

 

アクセス数を稼げるタイトルはどう決める?

本来は書きたいことを書けば良いのですが、アクセス数を意識した場合、どのようなタイトルにするか等、Googleからの流入を狙う必要があります。方法は色々ありますが、手っ取り早いのが以下の方法です。転職サイト関連を例で紹介します。

 

Googleの検索候補で調べる

Googleで検索すると関連キーワードが表示されますよね。↓です。

検索ワードに「転職サイト」と打つと、関連するキーワードが表示されます。

転職サイト関連キーワード

転職サイトの検索候補

これらは一定の期間で変わっていきますが、大きくは変わりません。例えば、転職サイトに関連する記事を書こうと思った場合、この検索候補より「転職サイト おすすめ」や「転職サイト 比較」に関する内容で上位表示されれば、それなりのアクセス数を稼げる事になります。

ただ、「転職サイト おすすめ」も競争の激しいキーワードです。上位表示はハードルがかなり高い。

ちょっと妥協してさらに掘り下げて検索候補を調べると↓のようになります。

「転職サイト おすすめ」の検索候補

「転職サイト おすすめ」の検索候補

「転職サイト おすすめ 30代」でも、それなりに競争の激しいキーワードとなりますが、まずはこの辺りを意識して記事を書くと、少しずつ関連キーワードで上位表示されるようになります。

 

上位表示させるためには・・・

例えば、上の検索候補にあるタイトルを書いていくと、自然と転職関連のキーワードが記事内に集まります。

そのページからリンクした自分のページも評価が上がり、トータルのドメインパワーが上がってきます。

Googleから、このサイト(ブログ)は転職サイトに関する内容で、良い情報を提供していると判断してもらえれば、「転職サイト」というキーワードで上位表示されるようになってきます。

 

自分なりの工夫も必要

Googleからの流入を意識した場合、こういったキーワードを見てからタイトルを決めて記事を書いていく事になりますが、多くの人がそうやってますので、似たようなタイトルばかりになっています。

例えば、ちょっと応用すると「3回転職した30代がおすすめする転職サイト」とか「東京の30代におすすめする転職サイト」と言ったタイトルになりますので、多少差別化できますよね。

とはいえ、元々ドメインパワーの強いサイトならば、簡単に上位表示されますが、それ以外の方は正直辛いでしょう。何かしら自分にしか書けない内容を含ませ、他サイトと差別化するのが理想です。

 

Googleからの流入狙いの記事作成はおもしろくない

ブロガーのみなさんは、収益重視という方は比較的少ないように思いますが、お金が全てのアフィリエイターの場合、Googleからの流入が非常に大切です。

自分が書きたい記事ではなく、検索上位になる記事を重視します。私はこんな事を15年以上繰り返し、ちょっと飽きてしまい「はてなブログ」にお邪魔しています。

もちろん、チャリン♪チャリン♪は好きなのでGoogleからの流入は意識して書いてますが、最近は読者のみなさんを意識した記事作成が出来てちょっと楽しいです♪いつもありがとうございます。

なお、転職関連のトップアフィリエイターは1,000万円/月 以上稼ぐそうです。すごいですよね。もちろん私はそこまでいってません。1位表示とそれ以外の差はすさまじく大きい・・・。

 

タイトルを変更して検索1位になった事例

最後に・・・冒頭に紹介した「転職サイト 〇〇」のキーワードで最近かなり上位に表示されるようになりました。これは、タイトル変更がきっかけです。その方法を↓に紹介しています。参考にして下さい。

f:id:afterseason:20181015220719p:plain