新卒エージェントのおすすめどころを比較|紹介される求人の特徴

f:id:afterseason:20180925231903p:plain

 

新卒エージェントのサービス比較

 「新卒紹介サービスを使ってみたいけど、どこのサービスが自分に合っているのだろう」という方も多いかと思います。実は各社、特徴がありますので、それを説明しながら比較していきたいと思います。

※各社リンクは貼ってません。グーグルから検索して下さい。

 

リクナビ就職エージェントをサービスを比較

人材業界最大手、リクルートが手掛ける新卒紹介サービスです。

 

求人数が多い

リクナビ就職エージェントでは、扱っている求人の数が非常に多いです。そのため、自分の条件に合った求人に出会う可能性が高いと言えます。

 

電話でのカウンセリング

カウンセリング方法は主に電話となります。学生の条件や性格などを把握して、素早く求人紹介に移行することを重視しています。

 

対面で時間をかけて自分の悩みをじっくり聞いてほしい学生には向いていません。時間がなく、素早く求人紹介してほしい学生におすすめです。

 

求人紹介のハードルが低い

学生に求人紹介をする際、アドバイザーは学生の条件や適性を検討し、適する会社を紹介していきます。

 

その条件や適性がどの程度マッチングしていれば会社を紹介するかというのは、新卒紹介サービス会社ごとに異なっています。

 

リクナビ就職エージェントでは、そのマッチングのハードルが低いです。少しでも学生の条件や適性に当てはまる求人であれば、どんどん紹介してくれます。

 

他社よりも「広く浅く」といった印象です。たくさんの求人を紹介してもらえるというメリットももちろんありますが、「ちょっとずれているな」と感じる求人も紹介されるデメリットもあります。

 

求人数は少なくても良いから、しっかりと自分の条件や能力に見合う会社だけを紹介してほしい学生には向きません。逆に、たくさんの求人を紹介してほしい学生にはおすすめです。

 

 

マイナビ新卒紹介のサービスを比較

人材業界大手マイナビグループの「マイナビワークス」が手掛けているサービスです。

 

質にこだわったキャリアアドバイザーの存在

マイナビ新卒紹介の売りは何と言ってもキャリアアドバイザーの質です。業界では珍しく、全キャリアアドバイザーが正社員となっています。

 

ほとんどのアドバイザーが転職を経験しており、幅広い業界を知っています。年齢層もほとんどが20代と、学生からは「頼れるお兄さん、お姉さん」的な存在となり相談しやすいのも特徴です。

 

面談は対面が基本

距離的な問題がある場合を除き、面談は対面式となります。面談時間も1時間~1時間30分と長めです。

 

学生側としては就職活動の悩みも相談しやすい環境です。求人紹介に関しては、量は多くなく、学生に合った求人をしっかり選んで紹介するスタイルです。

 

そのため、求人をたくさん紹介してほしい学生よりは、少なくても良いから自分に合った求人を紹介してほしい学生におすすめです。

 

「前日確認コール」が掛かってくる

選考の前日になると「明日の選考は忘れてないですか?」「準備は順調ですか?」といった確認の電話が掛かってきます。

 

選考忘れが防止出来るだけでなく、選考のポイントも聞けたりもします。これぐらいべったり管理されるのが苦手な方には向いていません。

 

しかし、管理された方がモチベーションの維持が出来る学生やアドバイスなどを常に聞きたい学生にはおすすめです。

 

 

ベネッセi-キャリアのサービスを比較

ベネッセi-キャリアはベネッセホールディングスとパーソルキャリアの合弁会社が行う新卒紹介サービスです。

 

大学との結びつきが強いサービス

ベネッセが運営をしていることからも、大学との結びつきが強いサービスです。そのため、新卒紹介サービスの登録会を大学内で行っているケースも多いです。

 

サービスに登録しやすい環境が整っています。また、大学側と連携していることからもサービスの信用性は高いとも言えますので、学生側も安心感をもってサービスを利用出来ると思います。

 

ブラック企業が少ない

大学とのかかわりが深い関係もあり、いわゆる「ブラック企業」と言われる求人が比較的少ないです。全体的に、学生側に親切な印象のサービスです。

 

 

就職エージェントneoのサービスを比較

近年、転職支援や採用支援で成長を遂げているネオキャリアが行う新卒紹介サービスです。

 

紹介してもらえる求人が多い

就職エージェントneoでは、1人の学生が紹介してもらえる求人の量が多いです。前述したリクナビ就職エージェントと近い要素があります。

 

スピード感のあるサービス

選考日程の確定や選考の結果などが、他のサービスをより比較的早いです。そのため、学生側としても選考の計画が立てやすいです。

 

順調に選考が進むと内定までが素早いので、「とにかく内定が早く欲しい」という方にはおすすめです。

 

アドバイザーの距離感が近く、親しみやすい

ネオキャリア自体が勢いのあるベンチャー企業ですので、アドバイザーの方も良い意味で話しやすく、学生とフレンドリーに話してくれる方が多い印象です。

 

ざっくばらんに相談したい学生にはおすすめですが、逆にガツガツ来られるのは自分に合わないなという学生には相性が合わない可能性が高いです。

 

「結局、新卒紹介サービスって何を使えば良いの?」

さて、各サービスの特徴をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。比較をしてみると、結構サービスによって違いがあるのが分かります。

 

自分に合うサービスが分かった方もいるかと思いますが、「結局、自分はどこにしよう?」と悩んでいる方もいるかと思います。最後そんな方へ私からのアドバイスです。

 

新卒紹介サービスはキャリアアドバイザーの質で決まる

新卒紹介の1番のメリットは「キャリアアドバイザー」です。自分の話をしっかり聞いてもらい、自分では気づけないような視点をアドバイザーから教えてもらうことで、効率的な就職活動を進めることが出来ます。

 

その視点で考えていくと、キャリアアドバイザーの質が高いと評判のマイナビ新卒紹介を活用するのが良いです。

 

質の高いアドバイザーのいるマイナビ新卒紹介を軸に、求人の幅を広げる意味で他社サービスを利用するというのが私のおすすめです。皆さんの就職活動の成功を祈っています。