転職サイトとハローワークを比較!胡散臭い求人が多いのは…

f:id:afterseason:20181201102013j:plain

転職活動をする上で、多くの人が利用している「転職サイト」と「ハローワーク」。給与が高い求人は転職サイトで、給与が安い求人はハローワーク、といった都市伝説もあるようですが、そんなことは全くありません。

どちらも無料で求人情報を提供してくれる便利なものです。では一体何が違うのか?転職者にとっておすすめはどっち?2つの違いを、いろんな側面から比較&解説します!

結論

ハローワークの求人は胡散臭い。私は利用しません。

 

 

そもそも「転職サイト」と「ハローワーク」って何?

まずは、運営方法など、基本的なところから2つの違いを比較していきましょう。  

 

転職サイトとは

民間の企業が運営する営利を目的としたサイトです。その運営費は、求人情報を掲載する企業(人材が欲しい企業)が払う「広告費」によって、賄われています。転職者は無料で情報を検索したり、応募できたりします。  

 

ハローワークとは

厚生労働省が管轄する公的な機関で、全国に設置されています。求人の紹介を行ってくれるほか、雇用保険(いわゆる失業給付)の手続きや個別相談、セミナー等も実施されています。

転職者は無料で利用できますが、「求職申込み」など、一定の条件をクリアしないと、利用できないサービスもあります。 企業も、無料で求人票を掲載することができます。  

 

なぜ企業は、わざわざ「有料」の転職サイトを使うのか?

前述の通り、人材が欲しい企業が求人を行う際、転職サイトは「有料」、ハローワークは「無料」です。それなのに、企業が転職サイトを使うのにはいくつか理由があります。

その一つは「情報量」です。ハローワークの求人票は、文字数も形式も固定されている一方で、転職サイトは金額(広告費)に応じて掲載するスペースを大きくしたり、小さくしたり選択することができます。

例えば比較的、仕事内容が想像しやすい一般事務などは小さいスペースで、仕事内容が特殊で一言では言い表せない場合などは、説明を増やすため大きなスペースで、といった具合です。

中には、給与や休日、仕事の内容だけでなく、社内の雰囲気や、扱う商品、一緒に働く先輩などを見てもらった上で、本当に希望する人に来てほしい・・・という企業もあります。

その他にも、全国の支社で募集をかけたい場合や、急ぎで採用したい場合などは、露出を高めるために、転職サイトを利用する傾向にあります。

どんな理由にせよ、お金を払ってでも求人広告を出したいと考える、「採用に力を入れている企業」が掲載されていると考えてよいでしょう。

また、転職サイトに掲載する場合、その求人広告は、基本的にノウハウを持つ運営会社が制作し、企業はサイト上で応募者の管理やメッセージのやりとりも可能です。

一方でハローワークの求人票は、企業が自ら作成しなくてはならず、応募から採用に関する全てを、アナログで行う必要があります。  

 

ハローワーク経由で採用すると企業にお金が入る!?

転職サイトの方が情報量も多く、管理も簡単であるにも関わらず、ハローワークが利用されている理由は、やはり何よりも、掲載料が無料であることでしょう。

これは、特に小さな企業にとっては、大きなメリットです。その他にも、地場の企業で、全国的に応募をかける必要がない場合や、PCやネットをあまり使わないタイプの職種の場合、ハローワークが好まれるようです。

また、ハローワークでは、転職者に対しての失業給付だけでなく、ハローワーク経由で採用をした企業に対しても、一定の条件の下、助成金を支給しています。

そのため、求人票の掲載が途切れて、助成金の対象外にならないよう、長い期間、掲載を続けている企業も多いようです。

ちなみに、掲載内容を変えない場合、企業は約3ヶ月ごとの、簡単な更新手続きを行うのみで、求人票を出し続けることができます。  

 

転職者にとって、それぞれのメリット・デメリットは?

これまで、企業から見た2つの違いを見てきましたが、今度は、転職者から見た、それぞれのメリット・デメリットを比較していきましょう。  

 

<メリット>

  • 24時間いつでも転職活動(応募)ができる
  • 問い合わせや応募が、サイト上で直接できる
  • 情報が常に更新されており新鮮
  • 地元以外の全国の企業も、簡単に検索できる
  • いろいろな条件で絞り込み検索ができる
  • 写真や文章などの情報量が多く、企業をより深く知ることができる
  • 年収例やキャリアアップ例もあるので、入社後のイメージがしやすい
  • 今すぐ採用したい企業のみが掲載されている

 

<デメリット>

  • 掲載が少ない職種もある
  • 掲載期間が短く、悩んでいる間に応募できなくなることもある
  • PCやスマホが必要
  • 会員登録(無料)が必要

   

<メリット>

  • 相談員がアドバイスをくれる
  • 公的機関という安心感がある
  • セミナーや個別相談が利用できる(一定の条件あり)
  • 地場企業の求人がほとんど

 

<デメリット>

  • ハローワークまで出向かなくてはならない
  • 待ち時間が長い
  • 検索がしにくい
  • 情報量が少ないため、会社の雰囲気までは分からない
  • 情報が新鮮だとは限らない
  • 電話や郵送で応募しなくてはならない

 

転職者にとって、おすすめはどっち?

情報量の多さ、新鮮度、使いやすさ、応募のしやすさなどを加味した場合、転職者におすすめしたいのは、やはり「転職サイト」です。特に、自分に合った企業を探したい方、入社後のキャリアアップまで考えた上で転職したい方、採用意欲が高い企業を探したい方には、断然、転職サイトをおすすめします。

ハローワークには専門の相談員がいるという安心感もありますが、ハローワークを利用するなら、その前に転職エージェントを利用する方が良いでしょう。

それぞれの特徴を理解した上で、自分に合った使い方、使い分けをすることが大事になってきます。みなさんもぜひ参考にしてみて下さいね。

 

ちょっと待てハローワークの求人は危険かも!

以上、やや公平にまとめましたが、ここからは私自身の経験もふまえ、ハローワークはありえない!って事を紹介します(一部の事例です)。

ハローワークは会社側が無料で求人を出せるので、会社側が気軽に利用できる一方、労働条件の悪い求人が大量にあるのがデメリットです。

原因としては、ハローワークの職員は嘱託が多く、1年程度でほとんどの方が退職 されます。1年で退職する方が多いので、その後のことにはあまり関心がありません。
その結果、求人にはチェック機能が働かず、ブラック企業と呼ばれる企業の求人手段 と化してしまっています。

会社がハローワークに求人を提出する際ほとんどチェックを受けないので、年間休日数のごまかしや、残業が過労死ラインまであるような会社の求人も平気で通ってしまっているのが実情です。

実際の平均残業時間は80時間を超えているにも関わらず、求人には月平均27時間というように嘘を載せる会社もあります。

また給与の幅も異常なまでに広く提出することができます。月給20万円で求人を掲載していたのにも関わらず、入社したら月給17万5千円で、社会保険も加入できないというケースもあります。

特記事項をよく見ると、月給17万5000円から20万円の間というような表記がしてあります。

このように転職で転落してしまう人の中には「ハローワークの求人を鵜呑みにして転職してしまった人」が大量 にいます。このような事態に陥らない様に、ハローワークの活用は避ける方が好ましい。

なお、私の経験談ですが、正社員募集で受けにいった企業が単なる日雇いバイトの面接のようなものもありました。

全ての求人がそうではないと思いますが、ハローワークの印象が悪すぎて知り合いには絶対におすすめしません。

一方で、大手転職サイトは掲載には一定のルールがあったりと、おかしな企業の求人は掲載されないようになっています。ハローワークよりは安心して利用できるかと思います。転職サイトを利用する際には転職サイトおすすめ早見表|評判が分かる比較レポートを参考にして下さい。

afterseason.hatenablog.com