転職サイト(直接応募)を条件別で比較|得意な求人や適した年代・年収

f:id:afterseason:20180905222731p:plain

 

ここでは直接応募の転職サイトの評判・特徴を条件別で比較します。転職エージェントの比較(評判・特徴)はこちらから。各転職サイトの概要は↓を参照下さい。

afterseason.hatenablog.com

  

 

 

                                                                                                                                       

転職サイトの比較(求人に直接応募)

転職エージェントを通さず直接応募する転職サイトについて紹介します。エージェントは登録し過ぎると対応が大変ですが、転職サイトは登録によって、負担が増える事はあまりありません。

 

特に転職ではスカウトメールと呼ばれる企業からのお誘いメールも魅力的ですので、スカウト待ちの、受け身の活動も可能です。  

 

 

おすすめポイントが分かる比較表

各転職サイトや口コミから評判・特徴など、おすすめのポイントをまとめました。転職サイト名クリックで公式サイトへ移動できます。

 

※スマホの方は→へスクロールできます。 

転職サイト    特徴 未経験 おすすめポイント
リクナビNEXT 転職するならリクナビ。
転職者の8割以上が利用。
3種のスカウトメールがGOOD!
No.1転職サイト
スカウト◎ 求人数◎
ビズリーチ 高給を狙いたいキャリア志向
の方におすすめの求人サイト!
スカウトの数が多い。
× 年収UP
スカウト◎ 30代◎ 
マイナビ転職 リクナビNEXTには劣るものの、
全業種・全職種をフォロー。
転職のイベント開催に積極的
リクナビ対抗馬
求人数◎
転職サイト@type 残業時間で検索できる!
求人情報も見やすい工夫あり。
自己分析ツールも◎
検索条件◎
自己分析◎ IT◎
エン転職 サイト担当者が会社の雰囲気を
コメントしているところは◎
スマホアプリ◎
求人数○
MIIDAS 200万人の年収データから
市場価値(想定年収)が分かる
求人サイト。
年収予測
届くメールは週1
はたらいく 第二新卒の求人が多い。
正社員以外の求人も多く、
未経験職職種への入り口になる。
第二新卒◎
地方の求人
とらばーゆ
女の転職@type
女性の求人に特化。
女性コンテンツ豊富。
正社員以外の求人も多い。
女性の転職◎
事務職◎ 販売◎
キャリアカーバー 年収600万以上が目安。
リクルート系の転職サイト。
スカウト重視。
× 年収UP
スカウト○

 

 

 リクナビNEXTに登録してない人はまずチェックしましょう。求人への応募以外にノウハウ等、基本的な情報収集はここで出来ます。新卒でリクナビを使っていた方が大半かと思いますので、一番抵抗がないサイトとも言えるでしょう。

 

また、転職サイトの主力機能の1つのスカウト機能に着目した場合、リクナビNEXTが量・質ともに一番良さそうです。3種のスカウトメールによって重要度も分かりますので取扱いが便利です。スカウト機能ではビズリーチ も良いですね。

 

 

年代・年収別でマッチした転職サイトを選ぶ

各転職サイトの特徴を年代別・年収別にまとめると以下のようになります。転職サイト名クリックで公式サイトへ移動できます。

 

f:id:afterseason:20180912003943p:plain リクナビNEXT ビズリーチ キャリトレ キャリアカーバー はたらいく 転職サイト@type MIIDAS マイナビ転職 エン転職 女の転職@type とらばーゆ

リクナビNEXTが全ての年代に対応しています。とりあえず登録した上で、その他マッチしたサイトへの登録をおすすめします。リクナビNEXTは求人検索以外にも、ノウハウ等のコンテンツも豊富で、退職する前に目を通しておきたい内容も盛りだくさん。

 

年収UPを狙いたい方にはビズリーチがおすすめです。登録に年収制限は設けられてませんが、年収500万円程度の方ならば、大きく年収UPというのも可能でしょう。年収1,000万円前後の求人がゴロゴロしています。

 

ビズリーチ同様にリクルート系列のキャリアカーバーも年収UPにおすすめです。こちらは、年収600万円以上が推奨されています。スカウトメインでの活動となります。

 

女性の方は女性の求人を集めた「とらばーゆ」や「女の転職@type」もおすすめです。職種は事務や販売系が多いので、希望職種によって使い分けるようにすれば良いでしょう。各転職サイトの特徴は次項以降で図表を使って解説していきます。

 

 

 

検索重視?スカウト重視?転職サイトの傾向を把握しよう

新卒とは異なり、転職サイトでは自分で求人を検索して応募する方法と、企業やヘッドハンターからのスカウトを待って選考を進めていく2つの方法があります。スカウトの場合は、書類選考は行われず、面接からの選考となる場合もあります。

 

また、第二新卒に強いサイトもあれば、年収1,000万円以上の求人が豊富な転職サイト等、特徴も色々です。ここでは以下のポイントで比較図を作成しました。

  • 求人検索タイプかスカウトタイプか?
  • 第二新卒・未経験の応募も利用できるか?キャリアのある転職者のみが対象か?

 

転職サイト名クリックで公式サイトへ移動できます。

f:id:afterseason:20180917013721p:plain

キャリアカーバー ビズリーチ キャリトレ マイナビ転職 エン転職 @type リクナビNEXY はたらいく

スカウト重視ならリクナビNEXTとビズリーチ

転職サイトの中で、リクナビNEXTが一番バランスが良く、第二新卒や未経験が応募可能な求人、管理職が応募できるハイキャリアの求人など幅広く揃ってます。

 

また、スカウト機能についても3段階のスカウトメールによって、重要度が分かるようにコントロールされています。転職するならリクナビNEXTがおすすめと言われるのはこの辺りにあります。

 

また、スカウト機能に着目すると、リクナビNEXTに匹敵するのが、ビズリーチとなります。高待遇の求人が多いため、20代後半以降の利用が好ましいかと思います。いずれも、求人を検索するよりもスカウトを重視したい方におすすめです。

 

その他、マイナビ転職 、エン転職 、@typeについては、スカウト機能ではリクナビNEXTに劣ります。求人の検索をメインとして利用するのが良いでしょう。

 

 

 

各転職サイトの実力は?求人数やスカウトの質は?

転職サイトについて、以下の項目をグラフ化して比較しました。

  • 求人数
  • スカウトの質
  • 求人のマッチ度
  • ノウハウ
  • オリジナリティ

 

転職サイト名クリックで公式サイトへ移動できます。

f:id:afterseason:20180917015954p:plain

リクナビNEXT ビズリーチ @type エン転職 マイナビ転職 //ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2049377&pid=884193230 //ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2049377&pid=881893627

目的別で考える

求人数を比較

求人数で比較した場合、リクナビNEXTビズリーチがおすすめです。@typeマイナビ転職 、エン転職 も十分な求人数なので、余裕のある方は併用をおすすめします。

 

スカウトの質を比較

多くの求職者に送付しているダイレクトメールも無意味ではありませんが、やはり本気度の高いスカウトメールに興味が引かれますよね

 

リクナビNEXTビズリーチは、ダイレクトメールのようなスカウトも多く届きますが、それに比例して面接確定のスカウトメールが多いのが特徴です。選考を有利に進めるスカウトメールを受け取りたいなら、この2つの転職サイトがおすすめです。

 

転職エージェントを主体として活動したい方は、スカウトに強い転職サイトの利用がおすすめです。キャリアアドバイザーの対応はそれなりに時間を取られます。

 

求人をチェックしていなくても、スカウトメールから気になる求人だけに応募すれば良いので効率が良い!初めに職務経歴書等を確実に登録しておけば、マッチしたスカウトが届きやすくなります。

 

求人のマッチ度を比較

マッチ度と表現しましたが、要するに検索条件の豊富さですね。自分の希望に沿った求人検索が可能であれば、その分マッチした求人を見付ける事が可能となります。

 

ここで取り上げた転職サイトの検索条件は非常に豊富ですが、特に@typeは残業時間で検索できたりと進化を続けています。

 

はたらいく は第二新卒や20代前半におすすめとなりますので、全ての求職者が対象とは言えませんが、ミスマッチをなくそうとする仕組みが散りばめられています。未経験の求人も多いので新たな職種にチャレンジしたい人にもおすすめです。